kokosokodokoの日々

何かのお役にたてれば幸い

「想い出」編 その2-2

f:id:kokosokodoko:20181206181743j:plain

YAMAHA NS-1000M

オーディオマニアなら誰でも知っている。

30Kgぐらいあるかな~掴みどころのない(運ぶのに)スピーカーですよ。

音もさることながら、見た目が美しい~そしてSO/TOは玉虫色に光り・・・

YAMAHAビューティー」ですよ

エピソードは、友人の SANSUI AU-D907F で鳴らしたら・・・

f:id:kokosokodoko:20181206183717j:plain

驚きました「ガンガン」ですよ~おそるべし・・・

また YAMAHA B5 で鳴らしたら、あまりの鋭さに疲れました。

やはり軟弱な私は「ぼ~っと生きてる」そんな音が似合いでした(今も)。

私は鳴らし熟せたのかな~今でも少し後悔はある。

事情がかさみこれも売りましたが・・・買い戻す気力はありません。

・・・とほほ・・・

 

 

「想い出」編 その2

YAMAHAビューティー」で思い出した~

むかし晴海でやっていた「オーディオフェアー」を、f:id:kokosokodoko:20181205115056j:plainf:id:kokosokodoko:20181205115257j:plain

その頃バブル花盛り・・・私は熱海に住んでおりました。

YAMAHA DT(バイク)に乗って行きましたよ・・・若かった。

そこでYAMAHAのブースでNS-1000Mに一目ぼれしました。

衝動買い~タンノイバークレーを売りとばしてですよ、

(当時どこにそんな金があったのか?)

つづく

 

 

ようこそ EC-1 その2

f:id:kokosokodoko:20181205070757j:plainYAMAHAビューティー」なる言葉を思いだした。

EC-1も間違いなく「それ」ですね。独特の美しさ(スタイルも音も)をもっています。

嫌いじゃないですよ、「物と私の相性」ですね・・・「いいものはいい」

いい意味で、このEC-1を「使いこなす」のは困難ですね、嬉しくなるほどですよ。

基本的な設定は直感的に行えましたが、微細な調整はこれからかな~できるかな~

 

ようこそ EC-1

ようこそ EC-1

f:id:kokosokodoko:20181204190248j:plain

3台目のチャンデバは YAMAHA EC-1 です。

中古とはいえ、何とかの舞台から2回飛び降りたお値段です。当分、何も買えません。

到着後梱包を開ける「重」ですよ、いいものは重い・・・などと勝手言ってます。

FOSTEX EN3000 と交代です。

セットして音を聴く・・・簡単な調整ですが「ただものではない」そんな印象です。

問題は私にありますね、「豚の耳に EC-1」にならない様に(祈り)

 

アンプ交代

f:id:kokosokodoko:20181101204338j:plain

低域用のアンプの交代です。TOA P-60D になりました。

全域の音の透明感が数段向上しました。また嬉しいのは、音量を上げても「うるさくない」のです。多分、歪がないから音の形が破たんしないのでしょう。むかしから経験上、音量を上げてもいい装置からの音は爽やかでした。

結論として、私の使いこなしが悪いのか、SONY SRP-P50 は劣化していたのでしょう・・・「無音時のノイズ」(どんなアンプにもあります)が目立つ様になりました。また TOA P-60D は60Wで余裕がある様です。

やはり業務用アンプも奥が深い・・・ 

 

それでも・・・

やはり知識と経験が足りないと思う今日この頃、

C級オーディオマニアなんでしょうね・・・

比べるものはないんだけど、どれだけお金と時間を使い、

正しい知識を吸収したか・・・

それでも辿り着けない果てがある。

多分、A級でもB級でもその先があるのだろうな~

でも止められない止まらない・・・

12AU7 Mullard 真空管 リイシュー

f:id:kokosokodoko:20181019160712j:plain

ハーモナイザーの球を入れ替えました。

一段とええ~音がしてます。

はよう入れ替えときゃよかった・・・と思う程いい音がしてます。

さすが Mullard 

でも、リイシュー なんですよビンテージもんとの差が気になる・・・