kokosokodokoの日々

何かのお役たてれば幸い

ツイーター論争に結論?

以前こんな事を書きました。

とくに、ツイーターは気分でFOSTEX T90AとPIONEER PT-R7Yを使い分けています。

FOSTEX T90Aは「元気のいい鳴り方」「暖色系」「前に出る」

で、対照的な違いですよ・・・。

PIONEER PT-R7Yは「成熟した鳴り方」「寒色系」「奥行がある」

ですよ・・・、

どちらも8kz以上を担当していただいてます。どちらも捨てがたい。甲乙付けがたい。

その評価は今も変わってませんが・・・

f:id:kokosokodoko:20180921194141j:plain

前橋汀子

彼女のCDをPIONEER PT-R7Yを流したら・・・虜になりました。

FOSTEX T90Aには表現出来ないものを感じました。

痺れました・・・バイオリンが泣くんんです・・・もうこの世のものではない・・・

また、初めてDENON DCD-1600NEの底力しれぬ恐れしさを感じた・・・

f:id:kokosokodoko:20180921195134j:plain

すごい・・・よ。

みなさんも一度聴いてみて下さい。

「思い出」編

 

f:id:kokosokodoko:20180914220902j:plain

あれから何十年?、毎年正月元旦に年賀状が来る。

もう「ご勘弁ください」と返信したことがあるが、来る~

律儀なのか機械的なのか、アキュさんは凄いメーカーだ。

f:id:kokosokodoko:20180914221416j:plain

C-7(MCカートリッジアンプ)を新品で買ってからですか・・・申し訳ないのですが、すでに手元にはありません。「断捨離」して二束三文で処分しました。

レコード時代の終焉と家庭事情のため・・・ああ悲しい様な、空しい様な・・・

なんて思いませんでした。デジタル時代の波は私のオーディオ生活を一変しました。

音源(ソース)が変わったと言えば、それまでですが・・・

薄々ですがデジタルの脅威は感じてました。先ずは「PCM」でした。そして「CD」です・・・決定的ですね、大事にしていたビクターMCL10の断線・・・すでにビクターさんは交換を終了してました。

f:id:kokosokodoko:20180914223707j:plain

 MCL10

おまけにプレーヤのドライブベルトの入手が出来なくなった。マイクロBL-91は悲劇に終わりました。

f:id:kokosokodoko:20180914224249j:plain

どうもマイクロさんは倒産したらしい・・・次々に「壊れる」「呪われている」そう思いましたね。今ならネット社会でどうにでもなったと思うが・・・また聖地「秋葉原」は遠く・・・挫折しました。「永遠は存在しない」物質は壊れる存在なんですな。

今は私自身が劣化してますよ・・・。

 

来年の正月元旦もあの年賀状が来るんだ~

全てをアキュで揃え、柔らかいソファーにだら~として、4350を鳴らして・・・

その年賀状を眺めたい・・・。

 

宝くじ買おう。

 

 

 

 

 

 

 

システム構成「パワーアンプ」編

f:id:kokosokodoko:20180824184211j:plain

これが、三段重ねのパワーアンプです。

上が高域、真ん中が中域、下が低域です。(3Wayドライブ)

SONY SRP-P2070

SONY MU-A0501

SONY SRP-P50

いずれも業務用アンプで、出力は非力(8Ωで50W程度)と言っていい。

SONYが好きなんですか?いえ安かったからです。・・・いずれも丁寧な音です。

そこそこの鳴り方です。利点は省エネ(発熱があまりない)場所をとならい。厚さは4.5センチです。で、中身は個々微妙にじゃなくて違いがあります(興味深い)。

SONY SRP-P2070は名機とふれこみにつられ購入。

SONY MU-A0501は高性能。

SONY SRP-P50も高性能。

音質はSONYらしい素直な音です。そして惜し気が無い。朝か夜まで電源いれっぱで使用。

f:id:kokosokodoko:20180907205113j:plainピンケーブルはモガミ 3080(メーター370円) orJVC無酸素銅を多用してます(これも安いから)。

f:id:kokosokodoko:20180907205151j:plain

SPケーブルはメーカーは失念しましたが太いです。

配線は精神衛生上美しいものを使う様にしています。

ホンとはYAMAHA B-70あたり一台で、ネットワークを入れて鳴らしたいのですが・・気力と金力不足で実現に至らず・・・。

ネットワークはYAMAHA NS-1000M用を改造して用意してます。

f:id:kokosokodoko:20180907210639j:plain

f:id:kokosokodoko:20180907210656j:plain

アンプは200Wぐらい欲しいですね。

次回は、「想い出」編です。

 

 

システム構成「プリアンプ」編

f:id:kokosokodoko:20180906223736j:plain

真ん中のがプリです。

f:id:kokosokodoko:20180906223833j:plain

正確に言うと「パッシブプリアンプ」・・・

YAMAHA MVS-1

セレクターとボリュームだけ!だから電源は必要としません。トーンコントロールもバランスもSP切り換えも、ヘッドホン端子も・・・なん~もありません。見た目寂しいプリアンプです。筐体はYAMAHA C-2のボリュームのみって感じ・・・。でもバラす(中身はほぼカラです)と、いいメーカーのボリュームを使ってます。

中古(ヤフオク)で買ったので。バラした時に自分で動的パーツを整備しました。

音がどうの云う代物ではなく機能としての代物です。音はLUXMANハーモナイザー入れて好みに近くなりました。(思いきって買ってよかった)で、早速「玉ころがし」しました。

f:id:kokosokodoko:20180906225306j:plain

12AU7 CHINAからJJ ECC83 Sにしました。

心なしか「音質向上」と思い込んでいます。・・・確かに音がスッキリした~。

f:id:kokosokodoko:20180908180810j:plainついでに、コンデンサーを追加!デカイので入るか心配でしたが、ギリチョンで入りました。(出っ張りの無い箇所にレアウト)

SEE/CDE ORANGE DROP CAPACITOR 0.022uF

最初は「プラシボ効果」でもいいわ・・・なんて思っていたが、確かに違います。

お勧めですよ。MVS-1がシンプルな分効果がよくわかる・・・。

 

トーンコントロールの変わりにFOSTEX EN300のレベルの上下で調節して好みを出しています。YAMAHA C-2買えば調整が楽なんだろうな~と思うが、仕方がありません。

と云うわけで、結果シンプルな構成です。

次回は「パワーアンプ」です。

 

 

システム構成「スピーカー」編

f:id:kokosokodoko:20180904213049j:plain

現在のスピーカーです。

FOSTEX T90A

PIONEER PT-R7Y

FOSTEX FF85WK

VICTOR SK2320A

の構成です。それも成り行きでこうなりました。ポリシーはありません。

それが良いのか悪いのか・・・未だ考え中ですね。

とくに、ツイーターは気分でFOSTEX T90AとPIONEER PT-R7Yを使い分けています。

FOSTEX T90Aは「元気のいい鳴り方」「暖色系」「前に出る」

で、対照的な違いですよ・・・。

PIONEER PT-R7Yは「成熟した鳴り方」「寒色系」「奥行がある」

ですよ・・・、

どちらも8kz以上を担当していただいてます。どちらも捨てがたい。甲乙付けがたい。

FOSTEX FF85WKは、3Wayのスコーカーとして使っています。最初はFOSTEX FE103Nを使ってましたが「鳴りすぎ」(うるさいのです)かなと思い変えました。

VICTOR SK2320Aはウーファーです。使用している理由は「安かった」からですが、でもそこそこ鳴ってるので、もう1セット買ってます。何れはウーファーが4つ(予定)になります。(もともとは3WayシステムスピーカーJS-370のウーファーです)

f:id:kokosokodoko:20180904223133j:plain

現在の全体構成ですね。

次回は「アンプ」編です。

 

 

 

お酒の話し

いい音を聴きながら旨い酒をいただく・・・。

理想的なんだが、なかなかそうはいきません。

f:id:kokosokodoko:20180829080531j:plain

買える飲める範囲がその人その人にはある。オーディオでもそうで「自分との相性」です。いくら他人が「これがいい」などと語られてもいいとは限らない場合もある。

確かに「いいとする傾向」は理解できる。オーディオは聴いてみないと分からない。

酒は飲んでみないと分からない。短いか長いか分からない人生には限界がある。

全てを試して死ぬ事はできない・・・運がいいか悪いかか?

 

だから「あがくのさ」・・・。

 私は友人に連れられ「日本酒バー」に通った。あまりに日本酒に詳しくない頃です。

旨ければいい酔えればいい・・・そんな不埒な輩ですか(今でもか)

それからいろんな酒を飲みました。

 

寒い夜、大阪での事・・・

とある寂れたお好み焼き屋さんに入った。お好み焼き美味しかったですよ・・・

そして、酒を燗でもらいました。それがすごいく旨かったんです。

「なんじゃこりゃ」

「おばちゃん酒の銘柄なん?」

おばちゃんはめんどくさげに汚い一升瓶をカウンター置いた。

f:id:kokosokodoko:20180829082449j:plain

ですよ、言わずと知れた銘酒「普通の剣菱」でした。

ヤバイ!こりゃ「瓶熟成」している・・・「旨い」。

こな事もあるんだ・・・至福の一時でした。

 

みなさん「出会い」を大切にしましょう。

どこに「奇跡」がころがっているか分かりません。

 

LUXMANハーモナイザー組み立て・音質

各パーツを確認するが

筐体の塗装が素晴らしい「気合が入ってる」と一人感心する。

むかしから「外見」「スタイル」には拘る人です私・・・

見た目は重要・・・

f:id:kokosokodoko:20180828144124j:plain

(プラスドライバー・8番レンチが必要です)

組み立て作業に入る

やはり皆さんがおっしゃる通り「ネジがかたい」

私の推測では「ネジ穴を切って進んでいる」と思った。

コツは進まなくなったら軽く戻してネジを締める。

で、ネジは一本余りました。(予備?おまけ?間違い?)

真空管の挿入は指紋や手の油を付けない様に配慮・・・

8番レンチが必要なのは電源SWのネジの締付けに使いました。

手でもラジペンでもいいのですが、丁寧に・・・

完成、電源ON・・・はて、真空管の輝きが不自然?

ヒーターの色にしては・・・チープな色だ。

多分(赤いLED)、白いソケット部に秘密があるのでしょう。

(面倒なので調査はしません)

f:id:kokosokodoko:20180828150227j:plain

 

システムの最上階に鎮座

FOSTEX EN3000とYAMAHA MVS-1の間に接続

音は確かに「快音」ですね。

倍音を付け足すとこうなるのか」悪くありません。

好みは分かれると思いますが、「程よいマイルド感とボリューム」です。

コーヒーにミルクかなと思っていたがそんな単純なものではない。

外して同じ曲を聴くと、音質はシャープになるが音が痩せて聴こえる。

 

筐体が密閉なんで発熱を心配しましたが、ころよい暖かさですね。

 

しかし、私はLUXMAN真空管アンプにいい思い出がない。

CL-36  MB-3045×2を使っていた当時です。よく出力管が壊れその度に修理です。

横浜からサービスが管もって来てよく交換して行きました。

でしかたなく PIONEER/EXCLUSIVE C-3 M-4に交換しましたよ。

当時から「マイルド」な音が好きだったのですね。

 

お勧めの一品ですね。お試しください。